アレクサンドロス大王

ギリシア世界とヘレニズム世界

フィリッポス2世が貴族に暗殺されたあと、 息子のアレクサンドロス3世(大王)は 前334年にヘラス同盟(コリントス同盟)の盟主として、東方遠征に出発。 アレクサンドロス大王は優れた軍事指導者で マケドニアの貴族騎兵隊を軸に ギリシアから招集した重装歩兵長槍密集兵隊と艦船を率いて 前333年、小アジアに侵入しイッソスの戦いで ペルシアのダレイオス3世を破ってシリア・エジプトを領有。 前331年アルベラ・ガウガメラ間の戦いでも圧勝し、 ペルシアの首都ペルセポリスを焼き払った。 アレクサンドロス大王の策 直接民主制→専制君主制 植民や通婚。 支配地各地にアレクサンドリア市を建設し、ギリシア人移住。 アレクサンドロス帝国]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました