ベトナム北部の古代史

ベトナム先史時代

畑作文明に生まれた黄河文明に対して、 長江流域の稲作地帯には越人が住んでいた。 越人は呉・越・楚などの国を建国し、 南下して青銅器〜鉄器文化を北ベトナムに伝えた。 青銅の太鼓の銅鼓(どうこ)を代表とするこの文化は 遺跡の名をとってドンソン文化と呼ぶ。 この文化を作ったのはベトナムと言われる。 青銅の鐘の銅鐸で有名な日本の弥生文化とよく似ている。

中国統治下時代

始皇帝の時代

秦の始皇帝はベトナム北部に進出し、 南海三郡(南海、桂林、象・しょう)を設置した。

南越と漢

秦国の軍人・趙佗(ちょうだ)が 秦末の混乱に乗じて南越(なんえつ)を建国したが 前漢の武帝に滅ぼされた。 武帝は南海九郡(交趾・こうし、日南・にちなん、九真など)設置。 166年日南郡に ローマ帝国の大秦王安敦(マルクス=アウレリウス=アントニヌス)の使者が 手土産をもってやってきた。

徴姉妹の反乱

後漢の光武帝時代に 徴側と徴弐の姉妹による徴(ちゅん)姉妹の反乱が紀元後40年に起きたが、 後漢の将軍馬援によって鎮圧された。

唐の時代

7世紀唐代にはハノイ安南都護府が設置。 8世紀阿倍仲麻呂都護(節度使)として赴任。 860年代、南詔国軍が安南都護府を占拠。

ベトナムの独立と短命王朝

概説

五代十国時代ベトナムは独立をついに成し遂げ、 呉、丁、黎と王朝が次々替わっていった。

詳細

土豪の呉権(ゴークエン)が 北方民族の遼や金に気を取られた 中国軍を打ち負かし独立を達成。 呉権(在位939~944)、 丁部領(ディンブリン)(在位968~979), 黎桓(レーホアン)(在位980~1005年)と短期間の王朝が続いた。 北宋の侵入を受けたり、大変ではあった。

李朝大越

建国と繁栄

1009年、黎朝の部将、李公蘊(リーコンウァン・太祖)李朝を創始して、都をタンロン(昇竜、現ハノイ)に置いた。 タンロンはその後、約800年首都としてあり続ける。 ベトナム初の長期安定政権である。 とはいえ、地方では半独立的勢力が残っており、 弱い中央支配にとどまった。 1075年科挙開始。第三代聖宗が国号を大越(ダーイヴィエット)と定めた。 この国号は1804年まで続く。 李朝は宋の1075年の攻撃を退け、1044年と1069年チャンパーを攻め、多くのチャム人を捕虜とした。1174年に南宋から安南国王の称号が与えられた。 大乗仏教や儒教を保護し、1044年延祐寺(一柱寺)がその中でも一番有名。

反乱と滅亡

李英宗のときに、 地方で役人が横暴を働き、 さらに李朝は重税を課し、 また自然災害に襲われ、 大反乱がおこった。 李朝はこれらの動乱を収束できなくなり、 実権をもつ陳(チャン)氏に政権譲渡した。

陳朝大越

1226年、陳朝が成立。 チャン=フンダオの活躍で三度に渡るモンゴル軍の侵入を撃退した。 漢字をもとにして、ベトナム独自の民族文字チュノム(字喃)(現在あまり使われていない)を作成。引き続き、チャンパーを攻めた。

元軍の侵攻

フビライは南宋包囲作戦の一環として 大理・パガン朝・陳朝ヴェトナムに侵攻。 陳朝は首都ハノイを陥落されたあとも、ジャングルで抵抗を続け、モンゴル軍を撃退した。]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました