マウリヤ朝

ナンダ朝のもとで発展を続けて、前4世紀半ば全流域を統一。 インダス川は 前520年ごろアケメネス朝のダレイオス1世の征服にあい、属州となる。 前326年アレクサンドロス大王が北西インドに進出征服。 マウリヤ朝の成立。 ナンダ朝から王位をチャンドラグプタが奪い、インド最初の統一王朝マウリヤ朝を成立させた。 都はパータリプトラ(=華の都) アレクサンドロス大王死後、インダス川流域からギリシア勢力を追い出し、 セレウコス朝シリアからアフガニスタンを奪った。 セレウコス朝シリアのセレウコス1世はパータリプトラに メガステネスを派遣、メガステネスは帰国後インド誌を著した。 アショーカ王 マウリヤ朝は前3世紀半ば、第3代アショーカ王(阿育王)の時代が全盛期。 アショーカ王はカリンガ国を征服したが、10万人も殺してしまったことを後悔し、 仏教に帰依。 ダルマ(理法)による政治を行い、磨崖碑、石柱碑、サーンチーの仏塔(ストゥーパ)を建設。 第3回仏典結集を援助、パーリ語で行わさせた。 王子マヒンダスリランカ(セイロン)に派遣し仏教を布教させた。 スリランカは上座部仏教の根拠地となり、東南アジアに伝えられた。 インド最南端はパーンディヤ朝がマウリヤ朝から独立を維持。 前2世紀頃ゼロの概念が発見され、イスラーム世界に影響を与えた。 前180年頃シュンガ朝に取って代わられた。 ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました