モン人~忘れられた東南アジアの原住民~

年代バラバラですいません。

ドヴァーラヴァティー

ミャンマー南部・タイ中部西部などに住んでおり、 チャオプラヤ川(メナム川)一帯にはモン人が住んでいた。 ドヴァーラヴァティーはそのモン人の国。 ナコンパトムが主であった。 モン語を使用し、インド文明の影響受けていた。 6~8世紀ごろに栄えたというのが今のところの説である。 玄奘がドヴァーラヴァティー(堕羅鉢底)に対して 「大唐西域記」で言及するほど栄えていた。

プラパトン寺院

仏教(上座部仏教)が栄え、 プラパトン寺院は最も古いドヴァーラヴァティーの寺院(ストゥーパ)で、 よくドヴァーラヴァティーの史料が出土している。 ドヴァーラヴァティー様式といわれる仏像美術なども出土。 9世紀、東にクメール人のアンコール朝ができ、 コーラート高原を通りぬけ、チャオプラヤー川の中下流域に進出。 ドヴァーラヴァティーは衰退。

ハリプンジャ(ハリプンチャイ)

8世紀ごろ、ラヴォ(現ロッブリー)からの移民によって、 チャオプラヤー川上流のランプーン地方を中心に建国されたモン人の国。 11世紀から13世紀にかけて栄えた。 ドヴァーラヴァティーの衰退後に移り住んだ説もある。 南はアンコール朝と対峙したが、 1292年、ラーンナータイのマンライ王によって北から滅ぼされた。

スヴァンナブーミ(金地国)

スヴァンナブーミとはパーミ語で、 黄金の国や金地国という意味。 ちなみにタイ語ではスワンナプーム王国。

成立の土壌

ビルマからマレー半島一帯はインドからの来訪者の玄関口であった。 紀元後、1~2世紀ごろ、 その来訪者たちがそこで特産品である 貴金属や鼈甲(べっこう)・真珠・香辛料などを持って帰っていった。 インドからの来訪者との交易により、 政策や文化や技術がその辺一帯に持ち込まれた。 そこで、ヒンドゥー教や仏教が受け入れられた。

旧都タトゥン

サルウィン川とシッタン川の両河口近くにモン人の中心地、 旧都タトゥン(スダンマワディー)があった。

タトゥン王国

その後、モン人の中心地はハンターワディ―(バコ―)に移り、 9世紀には首都となった。 このタトゥン王国はインド文明の影響を受け、モン人は東南アジアの先進民族として君臨。

モン人の現在

現在モン人は少数民族として残存している。]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました