伊勢平氏の発展と保元の乱

平安時代後期
スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊勢平氏の発展

桓武平氏と伊勢平氏の関係性

平忠常の乱よりあとのこと
源氏に立場は取って代わられてしまい
桓武平氏一族は散り散りになってしまいました。
関東に残った桓武平氏の中には、
源氏の家人となるものもいたそうです。
平将門の乱で功績があった
平貞盛の子の平維衡(たいらのこれひら)
伊勢に土着したのが伊勢平氏(いせへいし)のはじまりです。
伊勢平氏は、現在の三重県に位置する伊勢や伊賀を基盤としました。

参考リンク

https://rekishi-sogo.com/blog/2016/08/10/4414
https://rekishi-sogo.com/blog/2015/08/30/875

平正盛

伊勢平氏の中でも、
平正盛(たいらのまさもり)は、
伊勢平氏の地位向上に大きく貢献します。

白河上皇への接近

白河上皇が建立した六条院のために寄進を進めたりして、院との結びつきを深めていった。

荘園の寄進

伊賀国(いがのくに)の荘園を白河上皇に寄進。

源義親討伐

源義親の乱を鎮圧し、受領や検非違使となって伊勢平氏の地位を高めました。

参考リンク
受領
404 NOT FOUND | 歴史総合.com
検非違使
404 NOT FOUND | 歴史総合.com

平忠盛

平忠盛(たいらのただもり)は平正盛の子です。
美作(みまさか/現在の岡山県東北部)、
播磨(はりま/現在の兵庫県の南西部)などの
国司を歴任し伊勢平氏の財力を蓄えました。

鳥羽上皇への接近

瀬戸内海の海賊討伐に功績があり、
鳥羽上皇の信頼をえました。
受領として、1001体の千手観音像を安置する、
得長寿院(とくちょうじゅいん)を造営したことから、
院の昇殿を許されるまでになりました。

保元の乱

保元の乱の背景

鳥羽上皇の死去と皇位継承

鳥羽上皇は源平の武士を組織して、
さらに荘園の集積も行いました。
こうした専制政治を展開したので、
権力を巡る争いは泥沼化していきました。
1156年鳥羽上皇が死去すると、
皇位継承争いが起こることになります。

崇徳上皇と後白河天皇の対立

鳥羽上皇と対立していた鳥羽上皇の子の
崇徳上皇(すうとくじょうこう)と、
鳥羽上皇の立場を引き継いで、
朝廷の実権を握った後白河天皇(ごしらかわてんのう)が争うことになりました。

藤原忠通と藤原頼長の対立

朝廷の対立より前に院の近臣化していた
摂関家の藤原氏の中でも継承に対しても争いが生じていました。
関白である兄の藤原忠通(ふじわらのただみち)と弟の藤原頼長(ふじわらのよりなが)の対立です。
保元の乱は皇室の争いと摂関家の争いが入り混じったものでした。

上皇側

崇徳上皇側についたのは、

  • 崇徳上皇
  • 藤原頼長
  • 平忠正
  • 源為義

です。

天皇側

後白河天皇側についたのは、

  • 後白河天皇
  • 藤原通憲(藤原信西)
  • 藤原頼長
  • 平清盛
  • 源義朝

です。

保元の乱の中身

この戦では、源氏と平氏の武士団が入り乱れて戦いました。
父と子、おじと甥が戦いました。

保元の乱の結果

天皇側の源義朝の作戦により先制攻撃で上皇側は破れました。

敗戦処理

崇徳上皇は隠岐へ配流
藤原頼長は戦死
平忠正・源為義は死刑
源為朝は配流となりました。

保元の乱の影響

はじめての京都を舞台とした合戦で、
貴族に衝撃を与えました。
また、武士が政治争いに巻き込まれたことで、
時代の転換を予感させるものとなりました。

  • 愚管抄(ぐかんしょう)には、
    保元の乱以降を「武者の世(むさのよ)」になったと記されています。

保元の新制

政治の主導役を担った藤原通憲は、
平清盛の武力を背景にして、
保元の新制(ほうげんのしんせい)を行いました。

内容

  • 荘園の整理
  • 悪僧・神人の乱暴の取締

など
鳥羽上皇の社会動乱に対して少しずついい社会にしようと、
新しい政治を始めていきました。]]>

平安時代後期
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
歴史総合.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました