武士団の結成~武士の台頭と貴族の衰退のはじまり~

平安時代後期
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク


後三条天皇による延久の荘園整理令
https://rekishi-sogo.com/blog/2016/10/14/4569

武士団

つわもの(兵)

都では、武力で朝廷に仕える人々があらわれました。
地方でも、有力農民や地元の公の職に勤める
在庁官人と呼ばれる人々のなかに、
武装するものもあらわれてきました。
こうした人々を兵(つわもの)とよびます。

武士団

兵のリーダーが棟梁(とうりょう)です。
家子(いえのこ)とよばれる一族、
郎党(ろうとう)とよばれる従者を率いて、
武士団を形成しました。
 

武士団の特徴

東国

東国は馬の産地でした。
そういう訳あって、弓馬が上手な武士が多かったのです。
 

西国

瀬戸内海のような海がある関係上、
船団を組んだ武士、つまり、海賊が多かったのです。
 

二大棟梁

各地にできた小さな武士団は、
やがて大きな武士団へと統合されていきます。
その大きな武士団の棟梁とされたのが、
平氏と源氏なのです。
平氏と源氏は、
武士でありながら、
桓武天皇清和天皇という
天皇の権威を借りて、
自らを権威建てようとしました。
この桓武平氏

清和源氏

 
 
 
 
武士団の二大棟梁なのであります。
 
 

平安時代後期
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
歴史総合.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました