第一次世界大戦における総力戦体制と挙国一致内閣

第一次世界大戦とロシア革命

新兵器の導入

第一次世界大戦の初期には、参戦各国ともに、 陸海軍に150機~200機程度の航空機・飛行船部隊を持っていましたが、 航空機・飛行船の任務はほとんど偵察にありました。

イープルの戦い(毒ガス初使用)

ドイツ軍は膠着した戦線の打開兵器として、 期待された新兵器が毒ガスでした。 毒ガスは、1899年・1907年のハーグ国際平和会議において、 採択された陸戦規定に
「毒もしくは毒を施した兵器の禁止」
条項がありました。 1915年4月、 イープルの戦い(Battle of Ypres)において、 世界で初めて毒ガスをドイツ軍が戦争で使用しました。 6000本近い塩素ガス・ボンベが 西部戦線で使用されたのでした。 毒ガスの扱いは難しく、 また、防毒法も未熟だったために、 犠牲者は苦しみの中で死んでいきました。 ドイツ兵は、
「塹壕の中では、 多数の黒人兵が泥の中に顔を埋めて死んでいた」
と述べました。

ソンムの戦い(戦車の初使用)

1916年6月からのドイツ対フランス・イギリス連合軍は 西部戦線・ソンムの戦い(Battle of Somme)の中で死闘を繰り広げていまいした。 イギリス軍の戦車が登場しました。 戦車が導入されるのは、 世界史上で初めてです。 戦車が鉄条網や塹壕突破するのに有効であることが証明されたのでした。 飛行機と飛行船による都市爆撃も 世界史上、初めて行われました。

ヴェルダン要塞攻防戦

ドイツ軍がフランス軍の士気を下げるために、 フランスが死守すべき拠点に集中的に攻撃しました。 それが、ヴェルダン要塞でした。 フランスにとって、 ヴェルダン条約はフランスの起源であり、
http://rekishi-sogo/blog/2016/01/13/1241
ドイツとの対決の愛国的シンボルでもありました。 フランス軍はヴェルダン防衛戦を、 フランスの防衛と呼ぶほどでした。 ですから、 いくら集中攻撃をされても、 フランスの士気は下がるところか、 むしろ、士気を強める結果となりましt。 このヴェルダンの戦い(Battle of Verdun)において、 戦死者は70万人にも達されたといいます。

総力戦

大量の消耗戦は、 兵器・食糧危機も加わり、 参戦国の多くに戦時生産体制への移行を促しました。

女性や青少年の動員

男手をとられた参戦国の本国では、 女性や青少年も軍需工業へと動員されました。

国民生活統制

食糧配給制

ドイツ・オーストリア・ロシアでは、食糧配給制が導入され、 国民の消費生活全体が統制されるようになりました。

徴兵制

イギリスでは、 史上初めて徴兵制を導入し、 植民地の兵隊が次々戦地に送られました。

挙国一致体制

社会主義者の戦争支持

社会主義者の多くは、反戦の立場を貫かず、 祖国防衛に転じ、各国で挙国一致内閣が成立していきました。

ドイツにおける挙国一致体制

ドイツでは、皇帝の
「ドイツにもはや党派なし、ただドイツ人あるのみ」  
という開戦時の演説に応え、社会民主党も賛成し、 帝国議会を休止しました。 この対立関係の休止は中世の故事から 城内平和ブルクフリーデンと呼ばれています。

フランスにおける挙国一致体制

フランスではポワンカレ大統領の 議会の開戦の教書演説において、 神聖連合ウニオン・サクレのもと、 「兄弟のごとく一体となる」ことを呼びかけました。 こちらも議会は無期限の休会に入りました。

その他の参考資料

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました