織田信長、謀反を企てた弟・織田信行を殺害

織田信長と織田信行の家督争い

織田信行は織田信長と2歳違いの兄弟です。 織田信長が兄で、織田信行が弟です。

稲生の戦い

1556年8月22日、 織田信行は、 父・織田信秀の宿老である 林秀貞(はやしひでさだ)・柴田勝家(しばたかついえ)らとともに 反信長の兵をあげました。 1556年8月24日、 織田信行軍と相対するは織田信長軍です。 両軍は稲生(いのう/現在の名古屋市付近)で衝突しますが、 織田信長軍が勝利を収めました。 織田信長軍は、織田信行の居城・末森城に迫りましたが、 末森城に在城していた両者の母・土田御前(つちだごぜん)の計らいによって 和睦が成立します。

織田信行を謀殺

織田信行は懲りずに、 上4郡の守護代の 岩倉城の織田信安(おだのぶやす)と共謀して、 ふたたび反旗を翻しました。 しかしながら、稲生の戦いで命を助けた 織田信長に忠節を誓った柴田勝家によって、 謀反を織田信長に密告されます。 そこで、織田信長は病と称して、 織田信行を清須城に見舞いへおびき出すことに成功します。 こうして、織田信行は織田信長に謀殺されました。

織田信行謀殺結果

こうして織田信長は、宿敵・織田信行を滅ぼし、 織田家中の統率をはかり、家督騒動は無事終止符を打ちました。 尾張統一に向け、前進していくのでした。]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました