織田信長の清須城入城~主家・清須織田家の滅亡~

尾張守護・斯波義統の自刃

1554年7月12日、 尾張守護・斯波義統(しばよしむね)に 尾張下四郡の守護代・織田信友(おだのぶとも)と、 その家臣で小守護代・坂井大膳(さかいだいぜん)らが 斯波義統の子・斯波義銀(よしかね)が 川狩にでかけた留守を狙い攻め込みました。 その結果、斯波義統は清須守護館で自刃しました。   斯波義銀は織田信長を頼って那古野城に逃げ込みました。

清須城攻略戦

織田信長は守護への謀反人を討つことを大義名分として、 織田信友の本拠・清須城へ攻め入ることにした。 そして1555年4月20日、 守山城(もりやまじょう)の叔父・織田信光(おだのぶみつ)と 共謀して清須城を落とし、織田信友を切腹させ坂井大膳を追放しました。 こうして織田信長は、 尾張の政治・経済・交通の中心である 清須城を手の内に収め、尾張統一に向けた戦いを進めていきます。  ]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました