薩英戦争と参預会議~生麦事件の報復と島津久光の野望~

幕末
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

生麦事件

https://rekishi-sogo.com/blog/2017/04/08/5190
島津久光の大名行列を横切ったイギリス人が殺される事件が
1862年、横浜の生麦村で発生していました。

イギリス代理公使ニールの要求

  • 犯人の処刑
  • 賠償金の要求

賠償金は幕府が支払ったが、イギリスは薩摩藩に犯人の引渡しを要求した。

薩英戦争

薩英戦争とは?

1863年7月にイギリスは軍艦7隻の艦隊を鹿児島湾に送り、
薩摩藩との間で戦いが始まりました。
この戦いを薩英戦争(さつえいせんそう)といいます。

薩英戦争の結果

薩摩藩もよく戦いましたが、
鹿児島の町はイギリス艦隊により焼け野原となりました。
薩摩藩は攘夷は不可能だとはっきり理解しました。
薩英戦争の結果、
薩摩藩は、イギリスと和平交渉を行い、
犯人処刑と賠償金の支払いを約束し、
薩摩藩と英国の間は親密になっていきます。

参預会議

1864年はじめ、島津久光の提唱で、
徳川慶喜・松平慶永・松平容保・山内豊信・伊達宗城により、
参預会議(さんよかいぎ)が開かれます。
これは公武合体の話に沿った、
雄藩連合政権といっても過言ではないものでした。
ここで、イギリスと積極的な貿易をはじめた
島津久光が開国を主張し、
幕府による貿易独占を主張する
徳川慶喜が横浜港の閉鎖を主張した。
参預会議は2ヶ月で崩壊します。
崩壊は公武合体論は意味をなくし、
各藩が武力討伐に向かって進み出すことを意味しました。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました