平氏没落を早めた「鹿ヶ谷の陰謀」

平安時代後期
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

以前、平氏政権の全盛~この一門にあらざらむ人は皆人非人なるべし~
平氏が官職の独占によって、全国の支配をはかりました。
 
しかし、独占によって、旧勢力である
追いやられた公家勢力から強い反発を
受けることになります。

建春門院の死去

平清盛の妻の姉妹である建春門院は、
後白河法皇の妃でした。
 
建春門院が1176年に亡くなると、
平氏と後白河法皇や院近臣との間で、
対立が深まりました。

鹿ヶ谷の陰謀

 
1177年(治承元年)には、
法皇の近臣である
藤原成親(ふじわらのなりちか)や、
西光(さいこう/藤原師光/ふじわらのもろみつ)
俊寛(しゅんかん)らが
京都・東山の俊寛の山荘で鹿ヶ谷(ししがたに)で、
平氏打倒の密議を執り行いました。
 
ところが、多田行綱(ただゆきつな)という人物の密告で
公にバレてしまいました。
 
こうして鹿ヶ谷の陰謀(ししがたにのいんぼう)は失敗に終わったというわけです。
 
俊寛は鬼界ヶ島(きかいがしま)に流罪。
藤原成親は備前に流罪。
西光は死罪となりました。
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました