古代オリエント世界

古代オリエント世界

イスラム国、アッシリアの紀元前700年頃のニネヴェの図書館破壊

古代オリエント世界

ササン朝ペルシア

古代オリエント世界

パルティア

古代オリエント世界

アケメネス朝

古代オリエント世界

アッシリア

古代オリエント世界

セム系諸民族②~ヘブライ人~

古代オリエント世界

セム系諸民族①~アラム人とフェニキア人~

カナーン人がエジプトの象形文字を元にアルファベットの原形を考えた。 前1200年前後の海の民(ペリシテ人など諸民族の総称)の襲来で、 ヒッタイト、エジプトの衰退、クレタ・ミケーネの崩壊がおこった。 セム系の3民族(アラム人・フェニキア人...
古代オリエント世界

エジプト統一王国の形成と展開とエジプトの文化

「エジプトはナイルのたまもの」 ギリシアの歴史家ヘロドトスの言葉。 ここでは早くからエジプト語系民族の多くの民族が 国家統一以前に各地に約42の村落(ギリシア語:ノモス、エジプト語:セペト)が 分立。 強力な指導者がナイル川の治水、 公平...
古代オリエント世界

メソポタミア

メソポタミアとは メソポタミアとは 北のティグリス川と 南のユーフラテス川の間の地域。 メソポタミアでは灌漑、排水施設を整備し、 この川の水を利用すれば、 豊かな農業生産が可能であった。 そして人口が増加し神殿を中心とした村落が成立し、銅...