皇帝

第一次世界大戦とロシア革命

キール軍港蜂起と第一次世界大戦の終結

皇帝の戦い 1918年に行われたドイツ最大の西部戦線への大攻勢のこと。ブレスト・リトフスク条約で、ロシアと休戦したあと、東部戦線の戦力を西部戦線へと向けたが、補給物資の不足のために進撃は止まってしまいました。この戦いを皇帝の戦いカイザー・...
ヨーロッパ世界の形成と発展

ローマ=カトリック教会の発展と権威と教会の腐敗と堕落

ローマ=カトリック教会 封建社会ができたことにより、 ローマ=カトリック教会はしだいに、 修道士たちの心の拠り所として、 権威を高めていきました。 聖会諸侯 国王や諸侯からも土地の寄進を受けて、 政治的にも世俗諸侯(非聖会の諸侯...
フランス革命とナポレオン

フランス革命④ヴァレンヌ逃亡事件の理由とピルニッツ宣言

前回、ヴェルサイユ行進で、国王一家をパリに連れ帰りましたが、 今回は、また、逃亡する国王一家をまた、パリに連れ帰りました。 ヴァレンヌ逃亡事件 ヴァレンヌ逃亡事件の理由→ミラボーの死去 1791年宮廷と議会の朝廷に活躍していた...
スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の形成と発展

カール大帝の業績

即位 768年に小ピピンが死ぬと、その子カールとカールマンの兄弟が王国を2分割にして治めていたが、771年のカールマンの死で、カール大帝(カール1世/シャルルマーニュ/Karl I/Carlemagne/在位768~814)が全...
ウィーン体制

ウィーン会議とその体制

ヨーロッパで近頃起こっているギリシア問題や移民問題やパリでのテロ事件。直接的な要因は後々の投稿で書く予定であるが、その前提知識としてウィーン会議は知っておかないと話について来れないので、ウィーン会議を先に解説する。 ウィーン会議...
ヨーロッパ世界の形成と発展

ゲルマン民族の王国

西ゴート王国とフランク王国は別記事参照。 東ゴート王国 フン人征服時代 過去記事参照。 英雄テオドリック大王の時代 人質時代 わずか7歳で、東ローマ帝国の人質としてコンスタンティノープルのゼノン皇帝のもとに送られて宮廷で育った。...
ヨーロッパ世界の形成と発展

西ゴート王国とアッティラの王国

ゲルマン諸族の侵入 西ゴート人がローマ帝国へ侵入した後、西ゴート人への対処だけで精一杯となったローマ帝国の警備が薄くなった北辺にヴァンダル族やスエヴィ族、アレマン族が406年12月31日、氷結したライン川を渡りガリア全域を混沌に...
イスラーム世界

テュルク人(トルコ人)の時代~セルジューク朝・カラハン朝・ガズナ朝~

テュルク人の西方移住 テュルク人(トルコ人)はもともと。モンゴル高原に居たが、テュルク系のウイグルがテュルク系のキルギスに倒され西へと敗走。その後、中央アジアで遊牧生活を送っていたテュルク人は,人口増加のためにまた西方へと移住を...
飛鳥時代

壬申の乱

天智天皇の死後、其の後継を巡っておこった乱。 乱の背景 669年、それまで仕えていた藤原鎌足が亡くなると、天智天皇の弟である大海人皇子との間に亀裂が生じた。それは天智天皇が今までの慣例を破って皇位を子の大友皇子に譲ろうとしたから...
古墳時代

ヤマト政権の成立と政治制度

ヤマト政権とは古墳時代前期に畿内で形成された政治連合。政治連合の首長は「大王」 (おおきみ)。 勢力範囲 雄略天皇が中国の宋の皇帝に送った上表文や、千葉県稲荷台1号墳から出土した鉄剣や、埼玉県稲荷山古墳から出土した鉄剣、それに...
宋の中央集権化

宋代の文化

宋代の学問・思想 宋学(朱子学) 経典の字句解釈ばかりだった漢~唐にかけての訓詁学を否定し、 代わりに宇宙論や人間論を展開し、同時に知の実践に重んじた新たな儒教学。 北宋の周敦頤(しゅうとんい)は太極図説(たいきょくずせつ)を書...
弥生時代

弥生時代の小国の分立~ムラからクニへ~

クニ 強力な集落は周辺の集落を武力制圧し、次第にクニと呼ばれる政治的まとまりに発展。 集落 環濠集落 まわりに濠や土塁を張り巡らせた、防御用施設をもつ集落。どうやら地域間で争いがあったようだ。 韓国でも環濠集落が見つかっている。...
宋の中央集権化

南宋の成立と金の繁栄

宋の南遷 北宋の滅亡のとき、徽宗の第9子で、欽宗の弟の趙講は、金軍との交渉で、首都開封を離れていた。そのため、金に北へと拉致されずにすんだ。1127年5月に南京応天府で南宋・初代皇帝高宗として即位。健炎と改元する。(宋は五行思想...
宋の中央集権化

靖康の変と北宋の滅亡

女真族と金の成立 女真族とは? 女真族はツングース系の民族。別名:女直やジュルチン。 中国東北部の東部にある 松花江の中流域に住む半猟半農の生活で過ごしていた 約200年の間遼に支配されていた。 金の建国 1115年、 指導者の...
宋の中央集権化

神宗の宰相・王安石の新法~その政策の内容は?~

11世紀後半、 財政破綻を克服するため、 第6代皇帝神宗(しんそう)は改革を目指した。 神宗に登用されて約7年の間、 宰相として改革を実施したのが官戸出身の王安石(おうあんせき)。 彼は政治家にして唐宋八大家の文人でもある。...
宋の中央集権化

宋の建国と中国統一とその政策

趙匡胤らの中国再統一 960年、後周の部将で親衛隊長である節度使・趙匡胤(ちょうきょういん)が 人望があり、部下の将兵に推されて、後周の皇帝世宗の死後、遼の侵入の危機の中、 恭帝から禅譲されて、宋(北宋)を建国。皇帝(太祖)に即...
明・清代の中国と近隣国

朱元璋(洪武帝)の台頭と明の建国

朱元璋 誕生・幼少期 1328年朱元璋(しゅげんしょう)は 安徽省濠州の貧しい中でも一番貧しい小作農(佃戸)の家に生まれた。(現在の安徽省徐州市鳳陽県) 本名は重八。(一族同世代の中で8番目に生まれたから) ちなみに、父...
隋・唐時代の繁栄

唐の衰退と滅亡

安史の乱とその後の混乱 節度使の反抗 安史の乱に際して、唐朝は藩鎮(はんちん)をくまなく配置して、各地域の防衛の任に就かせた。長安陥落により門閥貴族は没落。門閥貴族は官人営業田という名目で広大な私有地を持っていたが、武官の節度使...
モンゴル民族の発展

元の成立

元の成立 モンケの死によって、後継者を決めなくてはならなくなりました。 しかし、モンケの子供たちは20代と若く即位できず、 モンケの弟のフレグは遠征中のため即位できませんでした。 そのため、後継者はクビライ(フビライ)とアリク...
隋・唐時代の繁栄

安史の乱~玄宗と楊貴妃一族による政治の末路~

玄宗の晩年~楊貴妃溺愛と楊一族の優遇~ 天宝年間になると玄宗は政治に飽き、 お気に入りの寵臣ばかり起用し、 玄宗の息子の妃の絶世の美女・ 楊貴妃ようきひ(体重約70kg)を後宮に迎え溺愛し、 政務を怠り、楊一族を要職につけた。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました